NEWS - パート主婦の「130万円の壁」対策は高時給で高収入!

パート主婦の「130万円の壁」対策は高時給で高収入!

高収入バイトについて

主婦が家計のサポートのためにパートやアルバイトなどで働く上で、130万円の壁を越えないようにシフトを調整するというのは非常に勿体無いですよね。
もっと働ける・働きたいのにそれ以上働くと逆に税金を多く払うことになって損をしてしまいます。
また、103万円の壁というのありますが、こちらは130万円の壁よりずっと影響が小さいようです。

育児

103万円の壁・130万円の壁とは

103万円の壁・130万円の壁
パートで働き、配偶者控除を受ける者は年末になると就労調整をして給与年収を103万円以内に収めようとする。これは、103万円を超えると配偶者控除の対象から外れるからである。これを俗に「103万円の壁」と言う。しかし、税法上は給与収入が103万円を超えても141万円までは上記の配偶者特別控除の対象となり、段階的に控除が受けられる仕組みになっており、141万円を超えてはじめて控除がなくなる(これを俗に「141万円の壁」と言う)。
もっとも、納税者の働く企業が家族手当の支給対象を控除対象配偶者に限っている場合、103万の壁を超えるとトータルでは家族の収入が減少する可能性があるため、必ずしも年末の就労調整が非合理的とはいえない。
住民税では、控除対象配偶者でなくなると、均等割・所得割の非課税基準の加算額の人数に算定されないため、配偶者控除であれば住民税非課税又は均等割課税であったものが、配偶者特別控除による控除額がたとえ配偶者控除と同一の階層(合計所得40万円未満)であっても、住民税の均等割課税又は所得割課税の対象となることがある。
健康保険の披扶養者でも同様な問題が起きる。配偶者の年収が130万円以上(60歳以上や障害者は180万円以上)、或いは被保険者の年収の1/2以上だと、被扶養者から外れて自ら国民健康保険などに加入することにより、社会保険料の負担が増えてしまう。

ウィキペディアより

 

 

当社に面接にいらっしゃる女性からお話を聞くと、旦那の収入だけでは家計のやりくりが大変という主婦も多く、家計を支えるために稼ぎたいけど働ける時間があるのに働いたら税金が増えて逆に損をする、もっと稼ぎたいけど130万円の壁を超えてもさらに稼げるパートの仕事もなかなか無い、子供が小さいので託児所にお金を払って預けなければいけない、というジレンマに悩んでいらっしゃいます。

そういった状況だと当社のような高時給、高収入のアルバイトをして、家事・育児をする上で制限された時間の中で130万円の壁が気にならないぐらい稼ぐという働き方が合っていらっしゃるようで、感謝のお言葉をよくいただきます。130万円の壁に悩んでる、または働く時間がないけどお金にお困りの主婦の方は一度ご相談いただければと思います。

託児所完備でシフトも自由!高時給のアルバイトは「顔バレしたくない女性専門プロダクション」株式会社インフィールド

高収入女性求人インフィールドTOP