NEWS - お金が欲しい女性が【水商売】と【風俗】で働くメリット、デメリットとは

お金が欲しい女性が【水商売】と【風俗】で働くメリット、デメリットとは

高収入情報

お金が欲しい!

「お金が欲しい!」という女性はたくさんいます。というより世の中だいたいの方はお金が欲しいと思います。
さらにもう既に高額を稼いでいるのにも関わらず、もっともっとお金が欲しいという方も数多くいらっしゃいます。

女性

ただその中でも「お金が欲しい」と検索するタイプの女性は、

  • 借金がある
  • シングルマザー
  • 生活費が足りない
  • 遊びたいけどお金がなくて遊びに行けない
  • 稼ぎ方がわからない
  • 働いても稼げない
  • そもそも働きたくない、仕事なんてしたくない
  • お気に入りのホストの誕生日を祝ってあげたい
  • 誕生日は祝ってあげたが、ツケの支払いを迫られてる

 

上記などの理由が多いと思われます。
学歴、技術、実績がない女性が、高収入を得るはかなり大変で、こういった場合、大抵の女性が水商売・風俗を想像されると思います。

水商売

水商売(みずしょうばい)とは、先の見通しが立ちにくく、世間の人気や嗜好に大きく依存し、収入が不確定な業種や職業、およびそうしたものに従事する人を指す日本の俗語である。なお、派遣社員や契約社員など、人気や嗜好以外の要因で収入が安定しない職や働き方を含まない。

ウィキペディアより

 

水商売とは主にキャバクラ、クラブ、最近だとガールズバーなどがあり、下記特徴があります。

水商売で働くメリット

  • 時給が一般職に比べて高い
  • アダルト要素がほぼない
  • 体入(体験入店)で1日だけ働くこともできるのでお手軽
  • 働く時間も一般職より短い
  • 朝早く起きなくていい
  • 満員電車で痴漢されない

 

水商売で働くデメリット

  • ただ横に座ってお酒を注ぐだけでは最低限(時給1500~2000円ぐらい)しか稼げない
  • 指名をもらうために営業、努力が必要
  • 自分目当てで楽しみに来るお客にウソをつかないといけない
  • 女性ばかりの職場なので人間関係が大変
  • お客さんにお尻や胸を触られることがある
  • 結局楽して稼げない
  • 色々疲れて精神的に病む

 

風俗

風俗嬢(ふうぞくじょう)とは、風俗店に勤務し性的サービスを提供する女性従業員の俗称。ニューハーフも含める場合がある。

ウィキペディアより

 

風俗とは主にピンサロ(ピンクサロン)、箱ヘル(箱型ヘルス)、デリヘル(デリバリーヘルス)、ソープ(ソープランド)などがあり、下記特徴があります。

 

風俗で働くメリット

  • そこまで努力しなくてもそこそこ稼げる
  • 努力したらもっと稼げる
  • マンツーマンなので職場の人間関係は気にしなくていい
  • 好きな時に働くことができる
  • 朝早く起きなくていい
  • 満員電車で痴漢されない

 

風俗で働くデメリット

  • トークや接客を頑張らないと身体を張ってる割に稼げない
  • リピートをもらうためには努力も必要
  • タイプじゃないお客さんとも裸のお付き合いをしなければいけない
  • シャワーを浴びすぎて肌荒れがしやすい
  • 右手が腱鞘炎になったりアゴが外れたりする
  • 性病をもらうことがある
  • 色々疲れて精神的に病む

 

以上、どちらも一長一短ありますね。

もしどちらも自分に向いていないと思った場合は下記までご連絡ください。
水商売、風俗が嫌になって連絡いただくことも多く、色々とご相談に乗ることができます。

お金が欲しい女性は「顔バレしたくない女性専門プロダクション」株式会社インフィールドへ!

高収入女性求人インフィールドTOP